紋別生涯学習センター

主催事業

当センターでは、年間を通して、自然環境や生物、工作体験などをテーマとする日帰り・宿泊型の体験活動プログラムを実施しています。

もうすぐ開催する事業!(6.22更新)

 のびのび親子じかん~コムケのワタスゲみにいこう!~【親子対象/日帰事業】

 わくわくチアーズ~わくわく!コムケたんけん隊~【低学年対象/日帰事業】

 LiLA English Camp in SUMMER【高学年対象/日帰事業】

 わくわくチアーズ~わくわく!海辺のいきものみっけ~【低学年対象/日帰事業】

 シーサイド・トレジャ―ハント-わいるどトレック’22-【高学年対象/宿泊事業】

 銀河のささやき~写真におさめる、夏の星空~【大人・親子対象/宿泊事業】

 のびのび親子じかん~どきどき!はじめてのキャンプ~【親子対象/宿泊(キャンプ)事業】

今年度の実施計画

令和4年度  主催事業 実施計画 *6~8月*

事業名称 参加申込 実施時期 ①募集対象
②募集人数
③参加料金
のびのび親子じかん
ワタスゲをみにいこう!
終了しました 6月25日(土)
10:00~14:30
①親子(幼児~低学年)
②5組10名程度
③300円
わくわくチアーズ
わくわく!コムケたんけん隊!
6月26日(日)
9:30~15:00
①低学年1~3年生
②20名程度
③800円
LiLA English Camp
in SUMMER 2022
7月12日(火)~ 7月29日(金)
9:30~16:00
①低学年1~3年生
②20名程度
③800円
わくわくチアーズ
海辺のいきものみーつけた
7月16日(土)~ 6月26日(日)
9:30~12:00
①低学年1~3年生
②20名程度
③800円
シーサイド・トレジャーハント
わいるどトレック’22
7月16日(土)~ 8月4日(木)
~5日(金)
①低学年1~3年生
②20名程度
③800円
銀河のささやき
写真におさめる、夏の星空
7月20日(水)~ 8月6日(土)
~7日(日)
①大人、親子
②20名程度
③調整中

 

これまでの主催事業

平成30年度の事業

日本伝統あそび発見伝(平成30年12月8日~9日)

「日本の伝統的な遊びを楽しもう!」をテーマに、紋別市博物館の協力のもと、さまざまな昔遊びを体験しました。竹馬やあやとりを楽しむ一方、こま回しやけん玉では、講師を上回る技を披露する子もいました。めんこでは大人と子どもが真剣勝負!熱い戦いが繰り広げられました。センターに戻ってからは、「昔あそび検定」として、習得した遊び技術を競いました。クラフトでは、ビー玉を弾いて飛ばす「コリントゲーム」を制作。普段する遊びとは、ひと味違う体験をしました。

「防災教育」をテーマに、9月に発生した胆振東部地震の記憶も新しいまま、もしもの事態に役に立つ体験や知識を学びました。特別講師としてオホーツク総合振興局の防災担当の方をお招きしたほか、先の震災で被災地への職員特別派遣を経験した市職員より、被災地の被害と現状を聞くことが出来ました。地震発生後にブラックアウト(停電)を経験したことを思い出し、ひとつひとつの体験や、非常時の対処方法について、みな真剣に活動に取り組んでいました。

サイエンスフロンティア(平成30年10月6日~7日)

サイエンスフロンティア①
サイエンスフロンティア②
サイエンスフロンティア③
サイエンスフロンティア④
サイエンスフロンティア⑤
サイエンスフロンティア⑥

「科学を楽しもう」をテーマに、さまざまな科学実験を体験しました。特別講師として紋別高校自然科学部をお招きし「スライムづくり」や「ゾウの歯みがき粉」など科学の不思議な現象を楽しみました。2日目はペットボトルジャイロを作り、「なぜ飛ぶのか」「どうすればもっと飛ぶのか」を考える“対照実験”を行い、チームで頭を悩ませて結果を導いていました。

いくぞ!いきもの調査隊!(平成30年9月1日~2日)

いくぞ!いきもの調査隊!①
いくぞ!いきもの調査隊!②
いくぞ!いきもの調査隊!③
いくぞ!いきもの調査隊!④
いくぞ!いきもの調査隊!⑤
いくぞ!いきもの調査隊!⑥

北海道「体験の風をおこそう」運動推進協議会との共同開催事業。コムケ湖周辺での自然観察をテーマに実施しました。コムケ湖の自然ガイドに植物の生態を教わりながらコムケ湖の自然の豊かさを実感しました。宿泊はキャンプ場にてテント泊。食事は焚火をおこして自炊。夜は寝袋に包まって夜の風音に耳を澄ませながら就寝。夜の暗闇に瞬く満天の星空が印象的でした。

わいるどトレック(平成30年7月30日~31日)

わいるどトレック詳細
わいるどトレック①
わいるどトレック②
わいるどトレック③
わいるどトレック④
わいるどトレック⑤
わいるどトレック⑥

オホーツク流氷科学センターとの共同開催事業。オホーツク沿岸の砂浜へ行き、ビーチコーミング(漂着物の観察と採集)をしました。海辺には大小さまざまな漂着物があり、なかには外国語表記のものも。海を隔てて海外とつながっていることを実感しました。2日目には採集物を使ってクラフトをしました。個性豊かな作品が数多く生まれ、参加者は夏休みの工作として喜んで持ち帰りました。

銀河のささやき(平成30年7月11日)

銀河のささやき
銀河のささやき①
銀河のささやき②
銀河のささやき③
銀河のささやき④
銀河のささやき⑤
銀河のささやき⑥

天体観測をテーマとした事業。当日はあいにくの曇り空で、実際に星空はみられませんでしたが、天体観測の楽しみ方や天体にまつわる不思議について講師にわかりやすく教えてもらいました。天体望遠鏡の仕組みや見え方の解説や、移動式プラネタリウムの上映など、屋内での天体観測を楽しみました。

Teen’s Grow-up Camp-vol.1-(令和3年4月24日~25日)

銀河のささやき
ねいちゃあフィーリング①
ねいちゃあフィーリング②
ねいちゃあフィーリング③
ねいちゃあフィーリング④
ねいちゃあフィーリング⑤
ねいちゃあフィーリング⑥

生涯学習センターの主催事業第1弾。流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱに乗船し、紋別名産カレイを釣り上げようと、揺れる船上で奮闘すること約1時間・・なんと大漁の釣果!2日目は自ら釣り上げたカレイで調理体験。ぬるぬる滑るカレイに苦戦しながら捌き、カレイの煮つけ、唐揚げを作りました。おいしい白身を堪能しながら、命をいただくことのありがたさを再認識できた活動でした。

PAGE TOP